2018年の流行語大賞が発表 年間大賞には「そだねー」が選ばれる




f:id:yshinano:20181203180446j:plain

 

その年に話題になった言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」

今年の「2018ユーキャン新語・流行語大賞」が3日発表された。

 

年間大賞は、冬季オリンピックで話題となったカーリング女子のLS北見が試合中に使っていた「そだねー」が選ばれた。

 

「そだねー」:カーリングの試合中、選手同士が会話をする際に指示や作戦に対して「そだねー」と返事をしていた事で話題に。カーリングの選手はそれぞれマイクを付けているので会話がそのままテレビで放送されます。

流行語大賞トップテン

「eスポーツ」

エレクトロニック・スポーツの略。対戦型ゲームをスポーツとして認め、今後オリンピックにも採用されるのでは?と言われている。

 

「(大迫)半端ないって」

サッカーの大迫選手がまだ高校生の頃。対戦相手のキャプテンが試合後のロッカールームで「大迫半端ないって」と言ったのがきっかけ。そして今年のワールドカップでこの言葉が注目された。 

 

「おっさんずラブ」

テレビ朝日で放送されていたドラマ。男同士の恋愛を描いた。

 

「ご飯論法」

相手の質問に対して、ごまかして回答すること。

 

「災害級の暑さ」

夏の猛暑はまさに災害級。

 

「スーパーボランティア」

日本全国でボランティア活動をしている尾畠春夫さんを指した言葉。

山口県で行方不明になった男の子をわずか30分で見つけ出したのをきっかけにニュースで取り上げられ、尾畠春夫の活動が注目された。

 

「奈良判定」

アマチュアボクシング大会で、(当時)ボクシング連盟の会長と同じ出身の奈良の選手が有利な判定がされていたという疑惑のニュースからこう呼ばれるようになった。

 

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

NHKで放送されていた「チコちゃんに叱られる!」で登場するチコちゃんというキャラクターのセリフ。

 

「#MeToo」

SNSで広まった言葉。過去にセクハラなどの被害を受けた人達などが体験を共有する際などに使われ、告発などにも使用されることもある。