本は読むのではなく聴く時代?Amazonの「Audible(オーディブル)」を試してみた




f:id:yshinano:20181111221617p:plain 

寝る直前にラジオを聴く自分にとってはこれは良いかもしれない。昔は寝る時にテレビをつけていないと眠れない人だったんですが、最近は布団の中でラジオを聞きます。そして眠くなってきたり知らない間に眠っていた!みたいな感じになったら消してそのまま就寝。そんな自分にとって「Audible(オーディブル)」は最高かもしれない。

Audibleとは

Amazonが始めた新たなサービス。

「本は、聴こう」ということで、ユーザーは本を購入し専用アプリにダウンロード。後はアプリで再生すれば朗読がスタート。本は読む時代から聴く時代に変わりました。

まだまだ数は少ないですが、小説はもちろん自己啓発本やビジネス書なども販売しています。

【Audible会員特典】

  • 会員プラン初回登録時は30日間無料。以降は月額1,500円。
  • 毎月1つ付与される「コイン」でお好きなタイトルを購入。
  • 購入したタイトルは退会後もあなたのもの。
  • 会員ならどのタイトルでも30%OFFで購入可。
  • 気に入らなかったら、他のタイトルと交換OK。
  • 追加料金なしで楽しめるコンテンツも。

早速試してみた

Audibleは、無料体験が可能で最初の1冊のみ無料とのことなので早速無料登録して試してみた。Amazonのアカウントでログインできるので楽ですね。

無料とはいえ後悔しない為にじっくり眺めて「下町ロケット」の小説を選択。ドラマで有名でしたがドラマも原作も見たことがなかったのでこの機会に触れてみたい。

専用アプリ

パソコンを使って購入したのですが、ダウンロードは専用アプリが必要ということでスマホかパソコンでそのアプリをダウンロードする必要があります。

f:id:yshinano:20181111220156p:plain

実際の画面がこちら

f:id:yshinano:20181111220223p:plain

音楽プレーヤーのような感じですね。再生ボタン以外にも30秒戻したり進めたり、再生速度もいじれます。便利なことに目次機能もあって自由に好きな章に飛ぶことができます。これは自己啓発本の時とかそういった本の時に使えそう。

 

個人的に「ちゃんとあるやん!」って思ったのが「スリープタイマー」の機能。これは本当に嬉しい。寝ながら聴く人の事も考えてくれてますね。時間以外にも「章の終わり」でオフになる機能まであります。

聴いてみた感想

どんな感じで読むのか気になっていたのでワクワクしながら再生。

この「下町ロケット」を朗読してくださるのは平川正三さんという声優の方です。

で、どんな感じかと言いますと小説でセリフの部分になるとちゃんと感情移入して朗読してくれますね。人工知能が読み上げるような感情の起伏がない読み方だったりするのかな?と思ったのですがしっかり熱いところは熱く読んでくれました。

 

これ聞きながら寝るようになったら大人になっても読み聞かせしてもらって寝る事になりますよね。子供だろうが大人だろうが最終的に人間って誰かの声を聴きながら眠りたいという所にたどり着くのだろうか。あ、でも物音1つでもあったら寝られない!みたいな人もいるか。

 

電車や新幹線の移動中に、小説を開いて本を読むのではなく耳にイヤホンを突っ込んで小説を聴く時代になったりするんですかね。すでに小説を読んでいる人すら減ってしまっていますけど。荷物になるから本を持ちたくない。でも電子書籍は嫌だみたいな人はいると思うので、耳で小説を楽しむ時代が当たり前になったら面白そう。

3日間使ってみた感想

寝る前に使用。全く頭に入っていないが眠れる!

そもそも寝る目的で小説を選んだのが失敗だったかもしれないが。自分みたいな使い方すをする奴に向けて宇宙の話みたいな本を選んで読んでもらったら最高じゃないか。