iOS版のTwitterもアップデートによってツイートボタンが右下に 移動した理由は?




f:id:yshinano:20181101104924j:plain

 

iOS版のアプリ「Twitter」がアップデートによって、ツイートボタンが画面右下に変更されました。すでにAndroidではツイートボタンは下に移動されていたので、これでiOSも同じように下に移動した形となります。

また、このアップデートによって1回のツイートで画像を最大4点、動画を1点、リンクまたはテキストを共有できるようになったとのこと。

ツイートボタン右下の機能

f:id:yshinano:20181101105319p:plain
f:id:yshinano:20181101105337p:plain

右下に移動した青色で丸いツイートボタンをタップするとツイートすることができます。ツイートボタンを長押し、または3D Touch機能を使うと(3D Touch機能に反応しているのかは不明)右の画像のように青丸が3つに増えます。

この3つは上からそれぞれこのような機能が。

  • 下書きからツイート
  • GIFからツイート
  • 画像からツイート

今までですとツイート画面を開いてから画像を付けたりしてツイートしていましたが、先に画像やGIFを選んでからツイートというやり方もできるようになっています。

右下は邪魔だが

タイムラインに重なるように表示されているツイートボタン。邪魔ですね。

今までですと画面右上にあったのですが、なぜ今更右下に移動したのか。おそらく、ツイートボタンがあった右上にスペースを作りたかったのでしょう。

右上のツイートボタンの位置にあったところには、キラキラの星マークができる予定とのこと。すでにこの機能が搭載されているテストプレイヤーもいるそうです。自分は選ばれていないのでこの機能は使えないのですが。

 

この機能は、タップすることで最新のタイムラインに切り替える事が可能とのこと。

うーん。いるかなぁ?他にも何か隠れ機能があるのでしょうか。