プレイステーション クラシック内蔵タイトル20作品発表




f:id:yshinano:20181030002533p:plain

12月3日発売予定のプレイステーションをコンパクトサイズに復刻した「プレイステーション クラシック」ですが、内蔵された20作品が発表されました。

プレイステーション クラシックの20タイトル

  • アークザラッド
  • アークザラッド Ⅱ
  • ARMORED CORE
  • R4 RIDGE RACER TYPE 4
  • I.Q Intelligent Qube
  • GRADIUS外伝
  • XI [sái]
  • サガ フロンティア
  • Gダライアス
  • JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻
  • スーパーパズルファイターIIX
  • 鉄拳3
  • 闘神伝
  • バイオハザード ディレクターズカット
  • パラサイト・イヴ
  • ファイナルファンタジーVII インターナショナル
  • ミスタードリラー
  • 女神異聞録ペルソナ
  • METAL GEAR SOLID
  • ワイルドアームズ

ラインナップは悪くないが

20作品に絞りましたと言われてこれなら、悪くはないが値段を考えればどうか。約1万円ですからね。どうしてもそれぞれのソフトのファンによって「あれなんで入ってないの!?」みたいなのが出てくるのは仕方がない。

 

個人的にはバイオ2と3も入れてほしかったが。1よりもむしろリメイクされず放置されているバイオ3こそ入れて欲しかったですかね。

この「プレイステーション クラシック」をどういった層が購入するのかは分かりませんが。プレイステーションを全く遊んでこなかった層が購入するのか、懐かしくて購入するのかでも内蔵タイトルの意味合いが変わってきますが。

新規ユーザーに隠れ名作に触れる機会を与えるか、既存ユーザーに名作を懐かしむ機会を与えるかどっちでしょうね。やっぱり「昔遊んでいたし買っちゃおう〜」みたいな人が多いかな。

 

今の環境でリメイクもされておらず、なかなか遊ぶには難しいみたいなソフトが並んでいたら欲しかったかな…?