カテゴリ

【ハンターハンター:No.384】マフィアには3つの家がある 「喧嘩の流儀」とは?


「ハンターハンター:No.384」では、マフィアと旅団にスポットライトを当てたお話が。王位継承戦は面白いのですが、マフィアの方に話が振ると少し残念な気持ちになるのは自分だけでしょうか。ここからどんな展開になるのか分かりませんが今の所、王位継承戦でお腹いっぱいの自分にとってマフィアの話はもう食べられません状態。

後半では、第4王子・ツェリードニヒが相変わらず恐ろしい。彼の守護霊獣だけでも気持ち悪く不気味なのに、ツェリードニヒ本人も特質系の念獣を生み出してしまいました。そんな384話。

マフィアの動き

今回言われている「ヒットマン」とは、エイ=イ一家の「ルイーニー」を筆頭としたメンバーのことでしょう。モレナの能力「恋のエチュード(サイキンオセン)」によって能力を授かった人たちです。

モレナの能力の発症者(メンバー)である組員ルイーニーの能力「空間移動」のまとめ

【ハンターハンター】またまた新キャラ マフィア側の組長:国王の異母兄弟、愛人の娘まとめ

マフィアまとめ

f:id:yshinano:20181016004830p:plain

マフィアのグループは3つに分けられます。

オニオール=ロンポウとブロッコ=リーの2人は、ナスビー=ホイコーロの異母兄弟。

モレナ=プルードは、ナスビー=ホイコーロと愛人の娘。

3人とも顔に「二線物」が刻まれています。

旅団と絡むのはシャ=ア一家

旅団3人が現在絡んでいる旅団がシャ=ア一家となります。

シャ=ア一家はこの船の第5層を管轄しており、旅団はヒソカを探すために第4層へ行くことを希望しています。第4層を管轄しているのがシュウ=ウ一家。

旅団としてはシャ=ア一家からシュウ=ウ一家に自分たちを第4層に行けるように話を通してくれれば、謎のヒットマンを倒してやるという条件を出した訳ですね。

喧嘩(カチコミ)の流儀

この流儀はマフィア内のルール。

組員が相手の組員に「殴り込み(ドクダン)」した際に、組長は相手の組員に殴り込みを許可したにも関わらず「いや〜お宅の組員をうちの組員がやっちまった。すまんすまん」と組長が相手の組長に連絡をする訳ですね。

そして相手の組長は「まぁ〜仕方ねぇ。◯◯くれるなら許すわ」と何らかの条件を出して手打ちするというのがマフィアの流儀。

 

組長連絡は事後承諾になることが多く、暗黙の了解で24時間以内に連絡するのがルール。ただし、このルールで重要なのが「組長が縄張り(シマ)から離れていた場所にいた事」

 

今回の話で言いたいことは、エイ=イ一家が大暴れしているけどモレナからの連絡は一切なし。すでに事件から2日が経過。エイ=イ一家が管轄しているのは第3層。

このルールが適用されるにはモレナは第3層(縄張り)にいてはならないって事ですね。そうなるとノブナガさんが言っているようにモレナはハイエリア(第1・2層)にいてもらわなきゃ困るということ。

 

もし、モレナが連絡もせず第3層にいたとすればマフィアの戦争が始まりまっせという事になります。

モレナとツェリードニヒの関係

今回の説明でもあった通り、モレナは襲名したばかり。

なぜ、エイ=イ一家のケツモチであるツェリードニヒの専用ルートではなく、シャ=ア一家の扉を狙っているのかは謎ですが、憶測の1つとして「ツェリードニヒがまだ襲名したばかりのモレナを信用していない」という話がありましたよね。

その後のツェリードニヒの電話の様子などを見てもモレナが勝手に自由に暴れまわっている感じでしょうか。