MENU

ハンターハンターの30巻の表紙には「伏線」があるなんて知らなかった ハンターハンター芸人で学ぶ

24日に放送されたアメトーーク!の「ハンターハンター芸人

めちゃくちゃ楽しみにしていたんですけど、ちょっと思っていたのと違ったかな。。。ハンターハンターという漫画を説明する回か完全にファン向けの回のどっちかかなと思っていたんですが、違ったなー。予告でのあの大きな相関図で期待していただけに残念。そういえばあのドデカイ相関図後半放置されてましたね。あれほしいなぁ。

 

知らない人には結構ネタバレバンバン食らう放送でしたが、あれで興味を持った人もいれば良いですね。個人的にはカイトのあれは何も知らずに読んで貰いたかったな〜。 

勉強になったこともあった

基本的に冨樫先生の「伏線」って凄いって話ばかりだったんですが、その中の1つで紹介された30巻の表紙のやつ。これは知らなかった。

f:id:yshinano:20180525001942j:plain

十二支んの後ろ姿が表紙になっていますが、パリストンとサイユウだけ手を後ろにしていてこれを「裏で手を組んでいる」と表現しているという伏線。

十二支んからすると敵になる(監視対象)ビヨンド側の人間はパリストンと協専ハンター。パリストンは十二支んから脱退し協専メンバーと合流。そして十二支んに残っているサイユウは内通者でした。

 

30巻の表紙がこれですが、サイユウが内通者だとわかったのは33巻。30巻が発売してから33巻が発売されるまでの間は約4年間くらいですかね。長い長い伏線でした。

 

50話一挙無料配信

アメトーーク!の放送を記念してジャンプ+でハンターハンターが50話まで一挙配信だそうです。今回の企画を見て興味を持った人はこの機会にどうぞ。