辛いの苦手だけど激辛食べたい!みたいな人にオススメのカップ麺「地獄の担々麺 護摩龍」が素晴らしい

辛さに強い訳じゃないですけど辛いラーメンは大好きな僕ですが、最近はずっと蒙古タンメン中卒、、じゃなくて中本の辛旨味噌のカップ麺ばっか食べていたんですが、4月23日に発売されたばかりの「地獄の担々麺 護摩龍」が気になって購入。

f:id:yshinano:20180515121718j:plain

デザインがもう良いですよね。ドクロのマーク最高じゃないですか。

この「地獄の担々麺」はお店の名前で東京の大久保にあるそうです。なのでこのカップ麺は再現商品ということになりますね。そこのお店にこのドクロマークが使われており、このカップ麺にもそのカッコイイドクロちゃんが使われております。

 

辛さのステージは5段階あり、このカップ麺はミドルステージの「阿修羅」となっています。そのうち1番上の「無限」っていうのも発売されるのかな?

地獄の担々麺 かかってこいやぁ!

中には「かやく」「特製スープ」「液体スープ」が入っている。

f:id:yshinano:20180515122509j:plain

「かやく」だけ入れてお湯を注ぎ、5分待ちながら蓋の上に、あといれの特製スープと液体スープを置いておく。

 

5分経過したら蓋を取り、最初に液体スープを入れる。もう真っ赤。そこに特製スープ(粉末)を入れたらこんな感じ。

f:id:yshinano:20180515122510j:plain

マグマの上に小さなお山ができあがった。真っ赤なスープがすでに出来上がっているのにこんな真っ赤な粉までぶち込んでしまって大丈夫かと少し不安になる。

 

太さはこんな感じのノンフライ麺。

f:id:yshinano:20180515123433j:plain

感想

最初の方は「全然辛くないやん!余裕やわ。ワシ、辛いの得意になったんかもしれんな」と調子に乗って食べつつも(辛いの苦手だけど辛いのは好きという人間は、すすったら死ぬという事は学習しているので)警戒しながら麺を口に運ぶ。

そして段々辛さを脳が認識し始め喉の奥から耳にかけて空気がポッポッとする感じがしてきた。痛くはないが奥から外に向かって耳から何かが飛び出る感覚。

今まで色んな辛いカップ麺を食べてきましたがここまで辛いのは始めて?かな。これなにが凄いって辛いカップ麺とかでも「はい!辛くしました!」ってだけでおいしくないのって多いんですよね。これはカップ麺の中でも辛さは上位だし味もうまい。

普段は辛いカップ麺だけで食べるんですが、これはお米と一緒に食べました。そしてまだ午前中だったのにストックで置いてある午後の紅茶 ストレートティーにも手を出してしまった。辛いのが得意ではないのでお許しを。

 

少し汗をかきながら、完食できた。米と午後の紅茶なかったらきつかったかもしれない。これスープもうまくて食べ終わった後に、辛い辛い言いながら飲んじゃうんですよね。

 

辛いのが得意な人の気持ちは分からないので、辛いのに強くないんだけど激辛食べたい僕からすると、このカップ麺は素晴らしい商品。辛いしうまいし文句なし。