投球間隔20秒ルールは導入見送られたが新たに時間短縮を目的としたルールが追加

f:id:yshinano:20180220125024j:plain

大リーグで今季から導入されるのでは?と言われていた投球間隔を20秒に制限するというやつですが今季は導入を見送ったそうですね。個人的には何でもかんでも野球の試合時間を短縮するのは良くないと思いますが投球間隔20秒なら良いのでは?と思っていたんですけどね。

10秒とか15秒だとアレですが20秒ってちょうどバランスのとれた秒数だと思います。20秒を超えて投げる投手からすれば短縮するのは難しい話かもしれませんが。日本で1番投球間隔が短い元西武の牧田投手が平均7.5秒なので下手すれば3球分の時間を使って投げられちゃいます。

新ルール追加

MLB公式サイトが発表した情報が書かれた「MLBが試合時間短縮へ新規則発表 投球間「20秒制限」は導入を見送られる (Full-Count) - Yahoo!ニュース」の話をまとめると

・1試合で6回まで投手交代以外でマウンドに集まる、監督コーチが向かう事ができる。

(延長になれば1イニング毎に1度ずつ追加される)

・攻守交代の際のイニング間の休憩時間が設定

・投手交代にも時間制限が設けられる

・全チームのレビュールームでカメラが捉えたスロー映像を受信可能

・ベンチの電話回線が新しくなりサイン盗み防止の為に監視される

とのこと。

時間短縮は悪か

先ほども書いたように個人的にはできる範囲での時間短縮を目指すのは良いことだとは思います。申告敬遠導入は試合を左右するというか敬遠の球を投げるのが下手な投手もいるので暴投でランナーが1つ進めた、ホームに帰ってこれたなんて試合の勝敗に直接影響するような制度の導入には反対派ですが。去年、ヤクルトのルーキ投手が敬遠で暴投し、3塁ランナーが帰ってきた試合もありましたがアレも申告敬遠があればなくなるわけですからね。敬遠が苦手な投手にとっては嬉しい制度ですが。