カテゴリ

来シーズンから日本も「申告敬遠」を導入!?敬遠だって面白いのに


f:id:yshinano:20171219142742p:plain

今シーズン(2017年)から大リーグでは敬遠の新ルールとして「監督(ベンチ)が敬遠する事を申告すれば敬遠は成立」するようになり投手は1球もボールを投げる必要がなくなりました。

このルールですが日本も「申告敬遠」を来シーズンから導入する可能性があるそうです。

敬遠の面白さ

確かに勝負する気がない投手が球をわざわざ4回ボールゾーンに投げる行為は面倒だし時間の無駄でもあります。

ただ、「敬遠」にも色んな面白さがあったり技術も必要だと思っています。

例えば敬遠が下手な投手もいます。ランナー2,3塁の場面で1塁を埋めるために敬遠をしようとしたら大きく外しすぎて捕手が取れずに暴投。3塁ランナーがホームに帰ってくるなんて事もあります。

敬遠の時の打者の表情やネクストバッターズサークルで待つ打者の表情だったり気合いだったりああいうのも面白いのになと思っています。こういう雰囲気もなくなってしまうのは残念。

稀ですが打者が敬遠の球を打ったなんてドラマもなくなってしまいますね。

最近だと2,3年前にSBの五十嵐投手がベンチから敬遠指示があった時に「勝負!勝負!」と大きな声で叫んだのがありましたね。あっ、でもこれは「申告敬遠」のルールが出来ても別にやれるか・・・今度は「投げる!投げる!」になるんでしょうか。

「リクエスト制度」導入

なんでもかんでも追いかけるようにルールを取り入れていますが良い事もあります。

来シーズンから「リクエスト」

判定に納得がいかな場合1試合に2回まで監督はリクエストを行うことができる。

リクエストができる範囲は今までのビデオ判定を要求できていたホームランやクロスプレーなどの限定されていたモノ以外にもアウトやセーフ、フェアやファールなどまで拡大されるという。

リクエストを要求し判定が覆ればリクエストのカウントはされない。逆に言えば前半で2回要求し2回とも判定通りの結果に終わればそこから試合終了までリクエストをする事はできない。延長戦に入ると新たに1回リクエストが付与されるとのこと。

監督からすればこの「リクエスト」を使うタイミングと判断が難しいですね。

とうとう映像を球場のビジョンに流せる

審判がリプレー検証を行っている間、テレビで観ている人は何度もその映像が流されるので確認することができますが球場にいる人達は分かりません。

(MLBだと球場に映像が流されていましたが)

しかしこれも変わるようでリクエストによってリプレー検証している間、球場ビジョンにも同じ映像を流すことが可能になりました。これで球場のファンも何が起こったかわからないなんて事もなければ、あの分かりにくい審判の説明も解決されるかもしれません。

ただ気になるのが「球場ビジョンにも同じ映像を流すことが可能」という言い方。なら流さなくても良いとも受け取ることができる。やはり日本の審判はまだまだ守られているのかな?と思いました。

後は、大リーグのように専用設備を使っての検証ではなく今のところテレビ中継の映像を見て確認との事なのでそこも改善されて行けばいいですがお金の問題などで難しいか。

申告敬遠は反対

良い所は取り入れるし悪い所は取り入れない。これが大事だと思います。何でもかんでも追いかけて全部ポンポン入れるのは良くない。

「リクエスト」制度はチャレンジ制度とまでは行かないかもしれませんが良いと思います。ただ「申告敬遠」を導入するのは残念です。まだ正式に決定した訳ではないそうですがWBCなどもあるので統一されるでしょうね。

申告敬遠を取り入れたMLBが時間短縮にならなかった。反対派が多いから申告敬遠のルールを無くすと言えばまた日本も追いかけるように無くすのでしょうか。

追記(2018年1月12日)

申告敬遠は採用され、二段モーションが解禁となりました。

今季から線引きが難しかった二段モーション解禁。今度はストップモーションがなんて事はないように・・・ - カキコミぱれーど