カキコミぱれーど

日本ハムから中日にFA移籍した大野捕手の補償は「金銭」に決定

本日14日、とうとうFAで中日に移籍した大野捕手の補償について中日側から発表されましたね。「インパクトのあるリスト」と言われなんだなんだと盛り上がっていました。

中日にFA移籍した大野捕手の人的補償は?気になる「インパクトのあるプロテクトリスト」

 

結果は・・・

 

中日「選手による補償を求めない」って通知されました。

 

f:id:yshinano:20180114124617p:plain

やっぱり「金銭補償」か

日本ハムから中日にFA移籍した大野奨太捕手の人的補償が全然発表されない。これは金銭に変更か?」で書いたようにやはり「金銭」になりましたね。「インパクトのあるリスト」と言うわりにはやや長引き、その理由を「単純に金銭だったら終わってる事情があって時間がかかっている」という言い方で説明していたので裏でトレードの話などがありつつそこを調整して人的補償を誰にするのか選ぶ感じになるのかな?と。

枠を空けるためのトレードの話が上手くいかず補償選手を取らないという判断をしたのか。逆にトレードの話が上手くいって保険として用意していた人的補償を取る必要がなくなったのか。ただそれだと枠空けるためにも2対1、または3対1くらいのトレードになって補償の選手よりも優れていると判断した選手を獲得できたという意味になりますからね。可能性は低いか。まだ分かりませんね。

金銭補償の金額

大野捕手の年俸は約5000万円。ランクが「B」だった場合

金銭補償の場合旧年俸の60%を中日は日本ハムに支払わなければなりません。なので約3000万円が日本ハムに支払われます。

もし人的補償の場合ですと選手+旧年俸の40%約2000万円が支払われる事になります。 

 

元々の年俸の安さとランクを見れば人的補償の方がお得に見えますが。