漫画「霊能者と事故物件視てきました」が読みやすく勉強になって面白い

タイトルに惹かれてしまった。

「霊能者と事故物件視てきました」という漫画。

 

簡単に説明するとアパート大家をやっている漫画家さんが相場より安い「理由(わけ)アリ物件」を霊能者さんと一緒に視て回ったのを漫画にしたもの。

 

「霊能者と事故物件視てきました」を紹介 

こういう系の漫画って絵が下手だったり独特なタッチだったりで読みにくいなんてことがあったり「ねぇ怖いでしょ?びっくりした!?」みたいな読者を驚かせようと必死で冷めるみたいなの多いですがこれは違います。

 

 

シンプルな絵で見やすく、恐怖の押し売りがないから読みやすい。

f:id:yshinano:20180113115359j:plain

絵だけを見るとギャグ漫画みたいにも見えますね。これが良い。

 

ただたまに絵がこんな可愛らしくてもゾクゾクッとする話もでてくる。これも恐怖の押し売りをしてなく、絵が邪魔をしないからこそ純粋な恐怖を楽しめる。なるほどみたな勉強にもなったりする。

 

主人公である作者は霊を否定するつもりはないが信じてはいないというタイプ。ただ本能がダメだと思う物件もたしかに存在していて自分の直感は信じている。

安くなっている事故物件を霊能者の育代さんと見に行って物理的にも心理的にも大変オトクとなれば購入も視野にいれるという感じ。

 

霊感のない作者さんが物件の中に入った時に「ここはやばい」となる場合もあれば「ここ良いじゃん」みたいな場合もでてくる。そんな時に霊能者さんが「それはあなたが女性だから霊の方が呼び寄せてる」なんて展開もある。

その土地や歴史、山を切り開いた事による・・・などなどそういった理由によって起きた事故物件も存在するらしく、それを簡単に分かりやすく解説もあるので普段は特に気にしなかったような事も学ばせてもらえます。

家や建物を建てる時にその土地をお祓いしますよね。あれにも触れられています。

 

 

作者さんと霊能者の掛け合いがとにかく面白かった。

普段は視えない世界ですし、本当に霊がいるのかも分かりません。でも作者さんのように「なんか嫌な感じはする」というのは誰でもあると思います。そんな感じの人が読むと面白いのかな~と。

「霊なんて絶対いない!信じない!」という人はつまらないと思うのでオススメはできません。。。ただ事故物件は信じていなくてもやっぱり怖いですよね。

 

 

プライム会員ならこの本のKindle版が現在読み放題の対象になっています。