カキコミぱれーど

SB退団の松坂太輔、中日の入団テストに合格 非公開で行われたテストだったが・・・はやっ!

先ほど、松坂大輔投手が中日への入団テストが間もなく開始みたいなニュースを見たばかりなのにもう結果が発表されました。結果は「合格」だそうです。

テストは約30分くらいでしょうか。めちゃくちゃ早いですね。よく耳にするテストで名前を書けば合格みたいなもんだったのでしょうか。。。最初から結果は分かっていたと言えばそうなのかもしれませんが。

 

テスト内容は中日・森監督によると変化球を交えて30球程度投げたとのこと。

スポニチによると捕手を立たせて22球と書かれていますが。

 

背番号は「99」

本人の希望という事で背番号は「99」とのこと。

会見で「今が100%じゃないが十分投げられることは伝わった」とのこと。

 

ソフトバンクファンからしたら何とも言えない気持ち。

そしてこの言い方に聞き覚えがあるようなないような。

 

去年先発が怪我人で何人か抜けた時に松坂投手が1軍で先発で投げる試合まで決まっていたのに急遽、肩の違和感で白紙にしたのは忘れないぞ!!

 

お金に関してはそもそも3年12億円という契約をしたソフトバンクが悪いだけですからね。そこは仕方がない。「元ソフトバンク」にこだわったという事らしいですが。

 

ナゴヤドームは満員になるか

お客さんが少ないと言われるナゴヤドーム。一応NPBが発表している2017年の観客動員数を見ると1試合平均27,927人とそこまで少なくはない。こんなにいるかな〜という感じではありますが。

 

松坂投手が先発で投げる日が決まればナゴヤドームは満員になりますかね。野球知らないけど何かあの松坂が投げるみたいだ!って人が集まりそうな。集まらなさそうな。

僕も愛知県民ですが愛知県民的にはそういうのは冷めてそうな気もしますが。どうでしょう。中日としてはどんどん人集まって盛り上がってという感じでしょうけどね。

もちろんまずは1軍で投げることが前提の話ですが。

 

 

やっぱりあの松坂投手ですから1軍で投げているところを見たいってのが野球ファン。

頑張って欲しいですね。

 

 

 

今年のプロ野球は色々変わる「日本シリーズ延長12回まで」「申告敬遠」「二段モーション解禁」

f:id:yshinano:20180122234552j:plain

 

今年のプロ野球は色々変わりますね。

 


日本シリーズの延長を15回から12回までに変更するようです。第8戦以降は従来通り無制限とのこと。

引き分けの可能性が高くなる事で試合が増えて余計選手に負担が大きくなってしまうのでは?と思うかもしれませんが延長12回で決まらず13回を迎えるという事はほとんどないでしょうからね。

一応調べてみたら延長12回で決まらなかったのは2010年ロッテ対中日の第6戦でした。そこが延長15回までいっています。それくらいさかのぼらないといけないので、気にするほどでもないのかなと。

ただ、12回になった事で3イニングも短くなればブルペンの準備や投手の使い方は計算しやすくなりますね。これによって引き分けの可能性は高くなる・・・?どうでしょう。単純に日本シリーズとでは比較はできませんがシーズンも12回までで引き分けが異常に増えたってわけではないですからね。

 

 

その他には、「二段モーション」についても。

二段モーションが今季から解禁されますが、ランナーがいる場合でも二段モーションはボークとならないそうです。これはアマではボークになるそうです。

よっぽどの事がない限りランナーがいるのに二段モーションなんて事はないでしょうけど。二段モーションに頼りすぎるとクイックの時に球威が落ちたりコントロールが乱れたりなんて事も一応あるのでやりたければどうぞって感じでしょうか。

クイックで投げている時にたまに二段モーションを挟むなんてのも見てみたい。

今季追加されるルールまとめ

・4球ボールを投げなくても歩かせられる「申告敬遠」

来シーズンから日本も「申告敬遠」を導入!?敬遠だって面白いのに

・「二段モーション」が反則投球ではなくなる

今季から線引きが難しかった二段モーション解禁。今度はストップモーションがなんて事はないように・・・

・日本シリーズ第7戦までは延長を12回までに変更

 

【※高校野球】

・タイブレーク導入

高校野球全ての公式戦にタイブレーク導入 申告敬遠は見送りタイブレークは導入というのは素晴らしい選択なのでは?

 

【侍ジャパン】3月にオーストラリアとの強化試合のメンバー オリンピック、WBCを視野に入れた招集に

 3月に侍ジャパンはオーストラリアとの強化試合を行います。野球ファンとしては強化試合ですが試合が見られるという事で楽しみ半分、怪我やシーズンの調整などの心配半分。今回は2試合しかないのでそこまで心配する必要もないのかもしれませんが。。。

 

徐々に今回の強化試合のメンバーが招集されつつありますね。球団側や選手が承諾しないとメンバーを集めることはできませんがすでにOKを出している選手は名前が出てきています。一部メンバーは明日の23日に発表とのこと。

 

今回のメンバーは2020年のオリンピック、2021年のWBCを目指してのチームですので3年後4年後も戦えるメンバーが中心になっていくと思います。

すでに侍ジャパン復帰と言われているソフトバンク・柳田選手に関してもソフトバンクと3年契約を結んだことで2020年のオリンピックの時に大リーグへ移籍をして出場不可なんて事がないということで稲葉ジャパンに呼ばれたとのこと。こういうところも考えないといけないんですね。

 

【試合日程】

3月3日19:00 ナゴヤドーム

3月4日19:00 京セラドーム大阪

 

侍ジャパン招集メンバー

22日時点で名前が挙がった、または内定のメンバー。

(23日先行発表されたメンバーは全部で6名でした)

【 ソフトバンク 】

・千賀(投手)・甲斐(捕手)・柳田(外野手)

【西武】

・浅村(内野手)・秋山(外野手)

【楽天】

 

【オリックス】

 

【日本ハム】

 

【ロッテ】

 

【広島】

・菊池(内野手)

【阪神】

 

【DeNA】

・山崎(投手)・筒香(外野手)

【読売】

 

【中日】

 

【ヤクルト】

 

 

【2018年プロ野球】チームの顔である背番号1桁の選手まとめ+2017年の成績も

f:id:yshinano:20180120211347j:plain

 

プロ野球の背番号は高校野球などと違ってそこまで意味があるものではありませんが、やはり一桁の背番号というのはそのチームの顔となる選手が付けるのかなといった印象。

 

なので今回は2018年、12球団の一桁の背番号の選手をまとめ。

ついでに去年(2017年)の成績も。

  

セ・リーグ

◯広島東洋カープ

背番号0:上本崇司  打率.125 本塁打0 打点0
背番号1 :
背番号2 :田中広輔 打率.290 本塁打8 打点10
背番号3 :永久欠番
背番号4 :小窪哲也 打率.175 本塁打0 打点8
背番号5 :
背番号6 :安部友裕 打率.310 本塁打4 打点49 
背番号7: 堂林翔太 打率.217 本塁打1 打点11 
背番号8 :永久欠番 
背番号9 :丸 佳浩 打率.308 本塁打23 打点92

 

◯阪神タイガース

背番号0:
背番号1:鳥谷 敬 打率.293 本塁打4  打点41 
背番号2:北條史也 打率.210 本塁打3  打点20
背番号3:大山悠輔 打率.237 本塁打7  打点38
背番号4:熊谷敬宥 ※新人選手
背番号5:西岡 剛 打率.228 本塁打0 打点5 
背番号6:金本知憲 【監督】 
背番号7:糸井嘉男 打率.290 本塁打17 打点62
背番号8:福留孝介 打率.263 本塁打18 打点79
背番号9:髙山 俊 打率.250 本塁打6   打点24

 

◯横浜DeNA

背番号0:
背番号1:桑原将志 打率.269 本塁打13 打点52
背番号2:J.ロペス  打率.201 本塁打30 打点105
背番号3:梶谷隆幸 打率.243 本塁打21 打点60
背番号4:荒波 翔 打率.226 本塁打0   打点1
背番号5:倉本寿彦 打率.262 本塁打2   打点50
背番号6:白崎浩之 打率.185 本塁打0   打点4
背番号7:石川雄洋 打率.246 本塁打2   打点11
背番号8:神里和毅 ※新人選手
背番号9:大和   打率.280 本塁打1   打点16

 

◯読売ジャイアンツ
背番号0:吉川尚輝 打率.273 本塁打0   打点0
背番号1:永久欠番 
背番号2:陽 岱鋼 打率.264 本塁打9   打点33
背番号3:永久欠番 
背番号4:永久欠番 
背番号5:A.ゲレーロ 打率.279 本塁打35 打点86
背番号6:坂本勇人 打率.291 本塁打15 打点61
背番号7:長野久義 打率.261 本塁打16 打点46
背番号8:
背番号9:亀井善行 打率.251 本塁打6   打点47

 

◯中日ドラゴンズ
背番号0:高松 渡 ※新人選手
背番号1:友永翔太 打率.250 本塁打0  打点2 
背番号2:荒木雅博 打率.249 本塁打0  打点8
背番号3:高橋周平 打率.233 本塁打2  打点10
背番号4:藤井淳志 打率.265 本塁打6  打点42
背番号5:阿部寿樹 打率.268 本塁打0  打点2
背番号6:平田良介 打率.244 本塁打6  打点29
背番号7: 
背番号8:大島洋平 打率.313 本塁打3  打点29
背番号9:石川 駿 打率.353 本塁打1  打点1

 

◯東京ヤクルトスワローズ

背番号0:比屋根渉 打率.217 本塁打0    打点0
背番号1:山田哲人 打率.247 本塁打24  打点78
背番号2:大引啓次 打率.227 本塁打5    打点29
背番号3:西浦直亨 打率.208 本塁打0    打点8
背番号4:バレンティン 打率.254 本塁打32  打点80
背番号5:川端慎吾 ※2017年出場なし
背番号6:
背番号7: 
背番号8:武内晋一 打率.204 本塁打0   打点5
背番号9:塩見泰隆 ※新人選手

 

パ・リーグ

◯福岡ソフトバンクホークス

背番号0:髙田知季 打率.228 本塁打2    打点8
背番号1:内川聖一 打率.297 本塁打12  打点50
背番号2:今宮健太 打率.264 本塁打14  打点64
背番号3:松田宣浩 打率.264 本塁打24  打点71
背番号4:川島慶三 打率.264 本塁打5    打点13
背番号5: 
背番号6:吉村裕基 打率.176 本塁打2    打点2
背番号7:中村 晃    打率.270 本塁打6    打点42
背番号8:明石健志 打率.279 本塁打1    打点23
背番号9:柳田悠岐 打率.310 本塁打31  打点99

 

◯埼玉西武ライオンズ

背番号0:水口大地 打率.280 本塁打0    打点4
背番号1:栗山 巧   打率.252 本塁打9    打点46
背番号2:
背番号3:浅村栄斗 打率.291 本塁打19  打点99
背番号4:
背番号5:外崎修汰 打率.258 本塁打10  打点48 
背番号6:源田壮亮 打率.270 本塁打3    打点57
背番号7:松井稼頭央 打率.211 本塁打2  打点10
背番号8:金子侑司 打率.272 本塁打5    打点34
背番号9:木村文紀 打率.201 本塁打2    打点13

 

◯東北楽天ゴールデンイーグルス
背番号0:島井寛仁 ※公式戦出場機会なし
背番号1:松井裕樹 防御率1.20 3勝3敗 8H 33S
背番号2:吉持亮汰 打率.161 本塁打0  打点1 
背番号3: 
背番号4:岡島豪郎 打率.260 本塁打3  打点32 
背番号5:茂木栄五郎 打率.296 本塁打17  打点47 
背番号6:藤田一也 打率.252 本塁打3  打点33 
背番号7:
背番号8:今江年晶 打率.250 本塁打1  打点10  
背番号9:オコエ瑠偉 打率.300 本塁打3  打点11 

 

◯オリックス・バファローズ
背番号0:山崎福也 防御率4.40 2勝5敗 1H
背番号1:中島宏之 打率.285 本塁打9  打点49
背番号2: 
背番号3:安達了一 打率.203 本塁打3  打点26  
背番号4:福田周平 ※新人選手
背番号5:西野真弘 打率.234 本塁打2  打点21 
背番号6:宗 佑磨    打率.182 本塁打0  打点0 
背番号7: 
背番号8:後藤駿太 打率.240 本塁打2  打点27 
背番号9:ステフェン・ロメロ 打率.274 本塁打26  打点66 

 

◯北海道日本ハムファイターズ
背番号0: 
背番号1:斎藤佑樹 防御率6.75 1勝3敗
背番号2:杉谷拳士 打率.147 本塁打0  打点3 
背番号3:田中賢介 打率.252 本塁打2  打点18 
背番号4:オズワルド・アルシア ※新外国人 
背番号5:ブランドン・レアード 打率.229 本塁打32  打点90 
背番号6:中田 翔    打率.216 本塁打16 打点67 
背番号7:西川遥輝 打率.296 本塁打9   打点44 
背番号8:近藤健介 打率.413 本塁打3   打点29 
背番号9:中島卓也 打率.208 本塁打1   打点13 

 

◯千葉ロッテマリーンズ
背番号0:荻野貴司 打率.264 本塁打5   打点24 
背番号1:清田育宏 打率.203 本塁打3   打点21  
背番号2:根元俊一 打率.220 本塁打1   打点9 
背番号3:角中勝也 打率.269 本塁打8   打点44 
背番号4:藤岡裕大 ※新人選手 
背番号5:安田尚憲 ※新人選手
背番号6:井口資仁 【監督】 
背番号7:鈴木大地 打率.260 本塁打11  打点52 
背番号8:中村奨吾 打率.275 本塁打9    打点32 
背番号9:福浦和也 打率.224 本塁打0    打点18 

 

 

 

 

語呂合わせだったり縁起を担ぐ意味であえて二桁の背番号にしている選手もいますが、こうやって並べるとやはりチームの顔となる選手が一桁の背番号を背負っているのかなと。あとは期待を込めて一桁を渡しているというパターンもありますね。

 

もちろん一桁の背番号=チームの顔って感じはしますが二桁でもチームの顔だったり魅力がある選手は沢山いますからね。僕は背番号44の柳田選手が好きでした。これぞ規格外の選手みたいな感じがあの44番の背中から感じられて良かった。

「投球間隔を20秒に制限」大リーグが今季から強制導入される予定 日本も来年には導入するのだろうか

f:id:yshinano:20180112003936j:plain

 

大リーグのルールに合わせるために「申告敬遠」が導入され「二段モーション」が解禁される日本。次に日本が導入するのは「投球間隔が20秒に制限」か。

 

 大リーグ機構が、試合時間短縮策として投球間隔を20秒に制限するルールなどを今季から強制的に導入する方針であることが18日、分かった。大リーグ選手会は20秒ルール導入を拒否しているが、機構側が権限を行使し、選手会の合意なく導入する方針だという。 

26・2秒ダルビッシュ危機 投球間隔20秒強制 - MLB : 日刊スポーツ

 

試合時間の短縮を目指すために申告敬遠を導入するのであれば、こっちを日本も導入してほしいですね。申告敬遠はいらないと思いますが。

投球間隔を20秒に制限するのを日本にも導入するのであれば賛成。

 

2017年平均投球間隔時間ランキング

NPBが発表しているのでそれを見るとこんな感じ。

※無走者時の場合です。

 

◯セ・リーグ

1位:バルデス (D) 9.1秒

2位:ブキャナン(S) 9.9秒 

3位:ウィーランド (DB) 9.9秒 

4位:田口 麗斗 (G) 10.1秒 

5位:マイコラス (G) 10.1秒 

 

◯パ・リーグ

1位:牧田 和久 (L) 7.5秒 

2位:松葉 貴大 (Bs) 10.5秒 

3位:加藤 貴之 (F) 11.2秒 

4位:ディクソン (Bs) 11.3秒 

5位:唐川 侑己 (M) 11.4秒 

 

 

やはり牧田投手がぶっちぎりで早い。いつ見てもポンポンとテンポよく投げてますからね。今年、メジャー挑戦ですが今まで通りならば余裕ですね。

【関連】ポスティングシステムでパドレスに移籍した牧田。西武は譲渡金を下げるという粋なはからい

 

投球間隔時間が長い人は少し苦しむか

突然導入の発表は20秒を超えている人達にとっては今から慌てて修正が必要なので大変でしょうね。投球間隔が平均25秒の人にとっては5秒削らないといけませんからね。5秒って意外と長い。その部分を削って投げるわけですから多少の狂いは出てくるかもしれませんね。

捕手側も20秒に合わせてサインを出さないといけません。捕手からしたらそこまでこの制限は気にならないんですかね。ただ、サインに首を振られる時間があるので投手と捕手両方が話し合い、協力が必要でしょうね。

 

日本の15秒ルールどこいった

日本も昔、15秒ルールというのがありましたよね。あれって結局どうなったんでしょうね。知らないうちになくなっていたというか。なくなってはいないのかもしれませんが。なるべく15秒以内に投げましょうって事になってるんですかね。 

プロテクトリスト・人的補償で指名する側の球団が損をしないようなルールを考えてみた

f:id:yshinano:20180119010545j:plain

僕の勝手なイメージでは、プロテクトリストが完成したらそれが相手球団に送られ、そのプロテクトリストが送られてきた球団は漏れている選手を指名って感じで特に球団同士で話し合いなどはなくお互い一方的なやり取りをするのかなと思っていました。

 

ただ今回のような(事実かは分からないけど)裏事情を見ると意外と球団同士で話し合いみたいなのは行われるんですかね。

【関連】大野捕手の人的補償、インパクトのあるリストの正体は岩瀬投手だった!? 人的補償拒否の場合資格停止選手だが

 

NPBも知らないようですし。これも事実かどうかは知りませんが。

 また、NPB関係者は「当事者からの報告を受けていないので、NPBの見解として話すことはできないが、仮に岩瀬選手が引退をちらつかせて人的補償による移籍を拒否していたとしたら確かに問題かもしれない」としながらも、すでに金銭補償で決着しているということもあって「もめるような事態になっていればNPB側としても何か対処しなければいけないが(報道を)見聞きする限り、そうではないようだ。当該球団(日本ハムと中日)からこれが問題として提起されず何も報告がない段階で、こちらが調査に動きだすというのも順序としてはおかしい。いずれにしても次の実行委員会(22日)で議題として出されるか。そうなってからのスタートになると思う」と、今後の展開を予想した。

 

中日・岩瀬仁紀が人的補償を拒否 NPBにも大きな衝撃 - ライブドアニュース

 

NPBの言うとおり人的補償を拒否という形で終わっているのに資格停止選手になっていないとなってれば問題ですが、「金銭補償」という形でお互いの球団がサインしてるわけですからね。これ以上何か問題があるという訳ではありませんがやはり人的補償について見直しは必須だと思います。

 

そこで人的補償のルールを勝手に考えてみた。 

 

プロテクトリストにランク導入

プロテクトリストは28人と決まっています。この28人にランクを導入する。

 

プロテクトランクAは18人まで。この18人は絶対に人的補償で取れない。何が何でも。

プロテクトランクBは10人まで。この10人は場合によっては人的補償として出される。

みたいな。

 

場合によってはというのはプロテクト漏れした選手が人的補償で指名され、それを拒否した時。

 

プロテクトBは人質みたいなものです。

 

プロテクト漏れした選手が人的補償で移籍するのを拒否した場合、相手球団はプロテクトBから選手を1人指名できるという風にすれば球団もどうにかプロテクト漏れした選手に移籍するように説得するでしょう。

 

またプロテクトBの選手が流出する可能性というリスクを考えれば暗黙の常識やルールを押し付けるなんて事もなくなるのでは。

 

人的補償で指名された場合引退はダメ

人的補償として指名された時に引退というのが選択できてしまうのはダメですよね。

指名された場合最低1年は引退できないとかルールに記載しないと。指名する側の球団からすればFAで選手は抜けるは人的補償で選手は取りにくいし損しかない。

 

一応、人的補償を拒否した場合「資格停止選手」となるそうですが、やっぱり指名する側の球団からすれば何の得にもならない。

 

基本的に断れない

今回このような事があっただけで基本選手は人的補償を拒否なんてできませんよね。

資格停止選手になってまで「嫌だ!」と言える人はいないでしょうし。

 

 

人的補償を選ぶ側の球団が損をしないようなルールは必要だと思います。

大野捕手の人的補償、インパクトのあるリストの正体は岩瀬投手だった!? 人的補償拒否の場合資格停止選手だが

f:id:yshinano:20180117144534p:plain

中日ドラゴンズ 公式サイト - 選手名鑑 岩瀬 仁紀(投手)から

 

これは確かにインパクトがありますね。

日本ハムから中日にFA移籍した大野捕手の人的補償で「インパクトのあるリスト」といわれインパクトのある選手は誰だ誰だとなりましたが、答えは岩瀬投手だったそうです。

 

「金銭」に変わった理由

東スポの話を簡単に説明すると

 

日本ハムは中日側に人的補償として「岩瀬投手」を通達。

           ↓

まさかの金銭ではなく人的補償、しかも岩瀬投手という事で中日大慌て。

 

もしチームを支えてきた功労者である岩瀬投手を人的補償で移籍させてしまったら批判されることは間違いなし。本人にこのことを伝えると「人的補償になるなら引退します」とまで言ったらしい。

こんなドタバタで長引き、結局日本ハム側が大人の対応をみせ人的補償をやめて金銭補償を選択したとのこと。

 

なにやってるの中日は

なぜプロテクトからそんな投手が漏れてしまったのか。

理由がこちら。

 

今季から兼任コーチの肩書もついている。球界の暗黙の常識からしても兼任コーチは選ばないと踏んでいたようだ」と球界関係者はいう。

 

プロテクトは28人って決まっていますからね。

これを暗黙の常識にしてしまうのはどうかと思いますが。

 

人的補償のルール見直し

岩瀬投手は引退覚悟という事なので「人的補償を拒否」する事になります。

本当ならば人的補償は拒否する事ができないのですが、拒否をする場合は資格停止選手となってしまいます。

 

ならなぜ岩瀬投手は資格停止選手になっていないのか?

理由は人的補償をやめて金銭に変更したから。しかし東スポの記事が事実ならば中日側に人的補償を通達した後に金銭に変更していますよね。

 

通達した後の変更は相手球団が了承すればオッケーなんですかね?それとも通達といっても探り合いのような感じで正式な通達ではなかったのか。分かりませんね。

ただ「空気読んでね」みたいな理由でプロテクトから外した選手が取られないような形になってしまうのは変な話。引退(資格停止)なんて事になれば日本ハム側も強行で人的補償を求めにくくなってしまう。

 

今後、日本ハム側からも中日側からも公式でこの件について発表される事はないと思いますがこの話が事実ならば人的補償のルールも見直しされるのでは。

 

 

中日にFA移籍した大野捕手の人的補償は?気になる「インパクトのあるプロテクトリスト」

日本ハムから中日にFA移籍した大野奨太捕手の人的補償が全然発表されない。これは金銭に変更か? 

日本ハムから中日にFA移籍した大野捕手の補償は「金銭」に決定 

イチローは日本復帰するのか?復帰ならやはりオリックス?そして契約更改がまだのソフトバンク川崎宗則

メジャー球団からのオファーはなく日本復帰もあるか?と言われていますがどうなんでしょう。

メジャー球団からのオファーを待ち続ける

イチロー(MLB マーリンズ) 2018カレンダー 壁掛け

イチローの代理人はこう言います。

 ただボッグス氏は「それ(日本復帰)については本当に考えたくはない」とし「彼が(メジャーの)どの球団にとっても素晴らしい財産になるということに、誰かが気づいてくれるという期待を持ち続けている」と話した。

イチロー日本球界復帰も?代理人は「考えたくない」 - MLB : 日刊スポーツ

ただしいつかは決断の時がやってくるわけですよね。それまでにメジャー球団からのオファーがあればそっちに行くんでしょうがなければ日本復帰の可能性も出てきます。

本命であったはずのマリナーズとの交渉は不調に終わったようですがどうなるんでしょうね。代理人はメジャー1本で探すようですが一応日本復帰の可能性もなくはないとか。

 

日本復帰ならどこ?

やはり「オリックス」でしょうか。ブルーウェーブではなくなってしまいましたがオリックス側はウェルカム状態なので本人が望めばオリックスのイチローが帰ってくるわけですね。

 

もしくは地元である「中日」の可能性も?

昨年の11月に中日側は、枠の関係もあるし獲得には動かないと言っていましたね。ただ、ソフトバンクを退団した松坂投手についても獲得には動かないなんて言っていましたが入団テストとはいえ獲得に動いたのでイチロー選手が日本復帰という話が出れば動く可能性もなくはないと思います。

追記(2018年1月19日)

中日が、マーリンズからFAになったイチロー外野手(44)の獲得を目指して、正式にオファーしていたことが18日、分かった。森繁和監督(63)が「話は進めている」と語り表面化した。日本球界復帰の場合は、古巣のオリックス復帰が最有力とみられているが、愛知出身のスーパースターが地元球団に電撃入団する可能性も急浮上した。

中日がイチローに正式にオファー 森繁和監督の発言で表面化 - ライブドアニュース

やはり中日も動いてきましたね。

ユニフォーム考えたらオリックスの方が似合いそうですし日本復帰ならほぼほぼオリックス確定みたいな感じはありますが。

 

成績

【2017年の成績】 打率.255(196-50) 3本 20打点

 

日本復帰なら打率.270くらいはいけるのではないでしょうか。

日本の野球舐めすぎ?それとももっといける?44歳ですが日本復帰して3割打ったらカッコイイですね。

姿を現さない川崎宗則

去年6年ぶりにソフトバンクに古巣復帰した川崎選手ですが契約更改の話がまだ出てきていません。それどころか話題にすら出てきません。

日本に復帰したことで燃え尽き引退してしまうのか・・・?なんて事も考えてしまいますがもしかしたら大好きなイチロー選手の移籍先が決まるのを待っているなんてこともあるのかもしれませんね。

 

今季から外国人枠を外れるジェイソン・スタンリッジ千葉ロッテを退団 移籍先は?

ジェイソン・スタンリッジ投手が千葉ロッテマリーンズを退団というニュースが。

39歳、今年40歳になるとはいえまだまだやれそうな気もしますが。 

 

 

「ジェイソン・スタンリッジ」

f:id:yshinano:20180115160827p:plain

55 ジェイソン・スタンリッジ 選手名鑑|千葉ロッテマリーンズから

 

2007年に日本にやってきたスタンリッジ。ソフトバンクに2年間在籍しその後一旦アメリカに帰るも2010年に阪神へ。そして2013年にはまたソフトバンクに復帰した。

2015年からはロッテと契約。

 

2017年の成績:4勝6敗 防御率4.32

 

スタンリッジというとたまにマウンド上でイライラしてしまってそれを隠しきれないみたいな事もありましたね。でもその分熱い男でもありました。

2015年にはこんな事もありましたね。

 7月22日、ソフトバンクのスタンリッジ投手がヒーローインタビュー後、スタンドのファンに初めて第2子となるケインちゃんを紹介した。ケインちゃんは養子として迎え入れた日本人の子供で、その微笑ましい様子は大きな反響を呼んだ。

 

ソフトバンク・スタンリッジ一家に大反響!日本の「養子縁組」事情とは? | アサ芸プラス

今季からは外国人枠が外れる

日本のプロ野球は「外国人枠」というのがあり1軍には最大で4人までの外国人選手が入る事ができます。ただし野手、投手は最大で3人までと決まっているので3:1か2:2という割合になります。 外国人投手4人とか外国人野手4人ってのは無理という事です。

 

スタンリッジは昨年に国内FA権を取得しているので今年は外国人枠から外れます。

日本国籍を持っている選手と同等の扱いということになります。

次の移籍先は?

まだ本人のコメントが発表されていないので何とも言えませんが日本でのプレーを望んでいるのであれば年齢が少し引っかかるところはあるかもしれませんが、外国人枠を使わないのでどこか日本の球団が手を挙げる可能性はまだまだあると思います。

経験の豊富なベテランですからね。チームによっては5番手6番手も十分ありえるのでは。

ももクロの有安杏果さんが卒業を発表。気になるももか推しの柳田さん・・・

ココロノオト【初回限定盤A】

ももいろクローバーZの緑である有安杏果さんがグループを卒業することを発表しましたね。2018年1月21日のライブが最後のライブになるそうです。

卒業理由は22年間やってきた世界から1度距離を離れて普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなったそうです。卒業後は何をするかは決めていないそうですが「22年間でできなかった普通のことを少しずついろいろやってみたい」と自身のブログで説明。

 

ももクロファンと言えばソフトバンクの柳田悠岐選手。

そして有安杏果さんの大ファン。グッズの色も同じ緑ですよね。

 

ソフトバンク柳田が年俸4億?5.5億?どっちでもいいくらい文句なしの成績 3年連続OPS1位

柳田さんニコ生のコメントが奪われ次は・・・

2014年にソフトバンクホークスが優勝し、ビールかけを終えた後に1人1人インタビューがニコニコ生放送で中継され、コメントを選手たちが読むことができた。

これに柳田選手は大興奮。コメントも盛り上がった。

 

しかし、2015年から「大人の事情」によってそれがなくなりショックを受ける。

柳田「誰なん無くしたの」「何のために(自分が)復活したのか分からんくなりましたね」「(ニコ生のコメントを)用意してもらわんとね」「選手の士気に関わってくる」と言っていました。

それから結局ニコ生はなくなってしまったんですが・・・。

 

そして今度は・・・。ギータさん・・・。

もう1人の熱狂的なモノノフ

ソフトバンクの石川 柊太投手は「まじか。」とツイート。

 

 

限界まで試合時間を短縮したプロ野球の試合を考える

今季から「申告敬遠」が導入。目的は時間短縮。

そこまで試合時間を短縮させたいのであれば限界まで短縮したプロ野球の世界を考えましょう。野球離れの原因の1つに試合時間が長いとまで言われているらしいので。

時間の短縮方法を考える 

投手交代は下から

投手が交代するときは次に出てくる投手はリリーフカーに乗って登場したりブルペンやベンチの奥から出てきますがこれでは時間のムダ。

全ての球場はマウンドの真下にブルペンを作って投手交代が告げられたらアイドルのコンサートのようにマウンドの下からポップアップ?を使ってボンッと登場できるようにしましょう。

f:id:yshinano:20180115114813p:plain

ファールは5球でアウト

粘るな。前に飛ばせ。

ただ1球のファールでアウトはあれなので5球ファールになったら自動的にアウト。

三振したら落ちる

三振した後に「しまった〜」みたいなのとか見逃し三振して「いやいやあれボールやん!」みたいなのを無くすために審判が三振のジェスチャーをしたら即打者は下に落ちる。細かすぎて伝わらないモノマネ選手権みたいな感じ。

f:id:yshinano:20180115121413p:plain

ホームランでも落ちる

打った瞬間100%ホームランという場合は1周するのは無駄なので落ちましょう。

申告バント

監督が審判に「バント!」と告げれば打者はアウトになる代わりに1つ進塁が認められる。2塁に鈍足ランナーがいてもこれで安心。

内野手の確認は糸電話

守備位置だったり相談は全部糸電話。ただし常に守備の時は紐で繋がっているので慣れが必要。

f:id:yshinano:20180115130103p:plain

バットが折れたらアウト

カウントが何でもバットが折れたらアウトにしましょう。

ファールボールをお客さんが取ったらアウト

ファンは10人目の野手です。これは新たなホーム球場のメリットになりますね。

f:id:yshinano:20180115123838p:plain

もちろん自分が応援しているチームがファールを打って客席に飛んできたらワンバンするまで待ちましょう。

 

 

おわり

本気にしないでください。

日本ハムから中日にFA移籍した大野捕手の補償は「金銭」に決定

本日14日、とうとうFAで中日に移籍した大野捕手の補償について中日側から発表されましたね。「インパクトのあるリスト」と言われなんだなんだと盛り上がっていました。

中日にFA移籍した大野捕手の人的補償は?気になる「インパクトのあるプロテクトリスト」

 

結果は・・・

 

中日「選手による補償を求めない」って通知されました。

 

f:id:yshinano:20180114124617p:plain

やっぱり「金銭補償」か

日本ハムから中日にFA移籍した大野奨太捕手の人的補償が全然発表されない。これは金銭に変更か?」で書いたようにやはり「金銭」になりましたね。「インパクトのあるリスト」と言うわりにはやや長引き、その理由を「単純に金銭だったら終わってる事情があって時間がかかっている」という言い方で説明していたので裏でトレードの話などがありつつそこを調整して人的補償を誰にするのか選ぶ感じになるのかな?と。

枠を空けるためのトレードの話が上手くいかず補償選手を取らないという判断をしたのか。逆にトレードの話が上手くいって保険として用意していた人的補償を取る必要がなくなったのか。ただそれだと枠空けるためにも2対1、または3対1くらいのトレードになって補償の選手よりも優れていると判断した選手を獲得できたという意味になりますからね。可能性は低いか。まだ分かりませんね。

金銭補償の金額

大野捕手の年俸は約5000万円。ランクが「B」だった場合

金銭補償の場合旧年俸の60%を中日は日本ハムに支払わなければなりません。なので約3000万円が日本ハムに支払われます。

もし人的補償の場合ですと選手+旧年俸の40%約2000万円が支払われる事になります。 

 

元々の年俸の安さとランクを見れば人的補償の方がお得に見えますが。

【2018年】プロ野球の新スローガン・キャッチフレーズまとめ 広島は「℃℃℃」SBは「もう1頂!」

f:id:yshinano:20180113223621j:plain

徐々に2018年のスローガンが各球団から発表されてきましたね。

 

去年の12月にこちらで「プロ野球12球団の過去5年間のスロガーンまとめ。2018年のスローガンは?変わったスローガンも」とスローガンについて書いてたんですけど、ちょっとごちゃごちゃしてしまったのでこちらでもう1回まとめていきます。

2018年スローガンまとめ

広島東洋カープ 「℃℃℃(ドドドォー!!!)」

f:id:yshinano:20180113224007p:plain

広島東洋カープ公式サイトから

 

「球団初のリーグ3連覇」「チーム一丸となって駆け抜けていく」「ファン 、地域を熱く盛り上げていく」という意味。

「℃」は「熱さ(温度)の℃」「カープのC」を表現している。

 

今のカープの勢いを感じられるスローガン。

去年はCS敗退という悔しい思いをしたが今年はリーグ3連覇、CS突破なるか。

 

2017年のスローガンは「カ舞吼!−Kabuku−」でした。

2017年成績:88勝54敗4分 勝率.633

 

阪神タイガース 「執念 -Tigers Change 2018-」

f:id:yshinano:20180113225400p:plain

2018年チームスローガンについて|球団ニュース|ニュース|阪神タイガース公式サイトから

 

どんな苦しい場面になろうとも、最後の最後まで勝負を諦めない。

その精神を全員が持ち、タイガースが変革し続ける1年にしたいという決意をスローガンとして表現。

 

去年は首位と10ゲーム離され2位。

新外国人で4番候補でもあるロサリオの加入でどこまで食らいつけるか。

2017年のロサリオ選手の成績(韓国):打率.339 37本 111打点

 

2017年のスローガンは「挑む」でした。

2017年成績:78勝61敗4分 勝率.561

 

横浜DeNAベイスターズ 「VICTORY is within US」

f:id:yshinano:20180118234143p:plain

ニュース | 2018年シーズンスローガン『VICTORY is within US.』に決定! | 横浜DeNAベイスターズから

 

9年ぶりに日本シリーズへ進出した昨シーズンを糧として更なる高みをファンと共に目指すために。

チームそして選手一人ひとりが勝者のメンタルを持ち合わせ、目の前の相手に対して恐れることなく自信を漲らせて臨んでもらいたいという想いを込めています。

 

唯一セ・リーグで広島相手に勝ち越した球団。

3位からCS突破し日本シリーズに出場を決め、選手も若く脂も乗りつつある。  

 

2017年のスローガンは「THIS IS MY ERA.」でした。

2017年成績:73勝65敗5分 勝率.529

 

読売ジャイアンツ 「奮輝 ~GIANTS PRIDE 2018~」

f:id:yshinano:20180113231317p:plain

読売巨人軍公式サイトから

 

気持ちを奮い立たせて勇気を持って戦い抜いた先に我が巨人軍が光り輝く栄光が待つ。

チームが一丸となって奮起。

 

投手は揃っているものの打線がイマイチだったがホームラン王、元中日ゲレーロの加入でどうなるか。

去年14勝したマイコラスの穴をどう埋めるか。

 

2017年のスローガンは「新化 ~GIANTSPRIDE 2017~ 」でした。

2017年成績:72勝68敗3分 勝率.514

 

中日ドラゴンズ「原点回帰 Dragons愛!」

f:id:yshinano:20180113232645p:plain

中日ドラゴンズ 公式サイト - ドラゴンズニュース ★来季のスローガンロゴを発表から

 

強い時代だった頃が原点。そこに戻ってドラゴンズを変えていきたい。

ファンと共に球団、選手がドラゴンズ愛を共有し一体になっていきたい。

 

扇の要である捕手の大野選手をFAで獲得し外国人選手も何人も用意するも、ゲレーロが抜けた穴を塞ぐのは難しいか。

京田選手や小笠原投手など将来チームを引っ張っていくであろう若い選手達に期待。

 

あとなぜ公式サイトのスローガン発表のページがどの球団もロゴを載せているのに中日だけ監督がスローガンのボードを持った写真なんだろう・・・。愛知県民の僕ですがこれぞ中日らしいなと思いました・・・。

 

2017年のスローガンは「原点回帰 〜ゼロからのスタート 〜」でした。

2017年成績:59勝79敗5分 勝率.428 

 

東京ヤクルトスワローズ 「Swallows RISING -再起-」

f:id:yshinano:20180113234216p:plain

 

チームスローガン | 東京ヤクルトスワローズから

 

この悔しさを胸にもう一度立ち上がり、再び上を目指そうという意味が込められている。また「RISING」には直訳すると上昇、日の出という意味がありチームの再出発を表わしている。

 

打線だけでいえばレベルは高いはずだが怪我人の多さに悩まされるチーム。

投手の方では去年はチーム防御率はワーストの4.21となっている。

まずは離脱者をなるべく減らしたい・・・。

 

2017年のスローガンは「目を覚ませ! SMAP OUT OF IT 2017」でした。

2017年成績:45勝96敗2分 勝率.319

 

福岡ソフトバンクホークス 「もう1頂!(いっちょ)」

f:id:yshinano:20180113235831p:plain

2018年スローガン決定のお知らせ|福岡ソフトバンクホークスから

 

目指すのは「連覇」ではなく、また1からもう1回頂点を目指して一致団結をするという意味。選手もファンも1つになってもう1度頂点へ進み続ける。

 

FAで選手が抜けること無く去年と同じ状態で2018年のシーズンを迎えられるので優勝候補なのは間違い無い。ただ主力選手達の年齢も気になる。衰えで一気にガクッと来る日が来るのは確か。その日が来る前に次の若手は出てくるのか。

 

2017年のスローガンは「1ダホー」でした。

2017年成績:94勝49敗0分 勝率.657

 

埼玉西武ライオンズ 「CATCH the FLAG 2018 栄光をつかみ獲れ!」

f:id:yshinano:20180114000900p:plain

2018シーズン チームスローガン決定!|埼玉西武ライオンズから

 

2017シーズンからさらに飛躍し、必ず日本一(=FLAG)をつかむ!という明確な目標と決意をスローガンに込めた。

 

超強力な打線の西武。去年はチーム打率リーグ1位の.264と恐怖の打線。

先発の野上投手、リリーフの牧田投手が抜けたが外国人の補強もし、人的補償ではジャイアンツから高木勇人投手を獲得しそこまでのダメージはないはず。

 

2017年のスローガンは「CATCH the ALL つかみ獲れ!」でした。

2017年成績:79勝61敗3分 勝率.564

 

東北楽天ゴールデンイーグルス 「※まだ発表されていません」

 

 

去年の前半戦は無敵状態だったが後半に失速。

外国人選手との契約も更新され主力選手も流出していないので去年の前半戦のような勢いを今季は1年続くか。

 

2017年のスローガンは「Smart & Spirit 2017 東北・夢・再び」でした。

2017年成績:77勝63敗3分 勝率.550

 

オリックス・バファローズ  「※まだ発表されていません」

 

 

 

ところどころに空いている小さな穴をかき集めると大きな穴になってしまうみたいなイメージ。今季Aクラスを狙える力はあるはずだが・・・。

 

2017年のスローガンは「野球まみれ 一勝懸命2017」でした。

2017年成績:63勝79敗1分 勝率.444

 

北海道日本ハムファイターズ 「※まだ発表されていません」

 

 

流出しまくったのは痛い。先発中継ぎ抑え捕手に二刀流という意味では打者の部分もいなくなった。外国人選手も数人獲得したがこの状況では完全に育成の年にするのだろうか。

 

2017年のスローガンは「F-AMBITIOUS(ファンビシャス)」でした。

2017年成績:63勝79敗1分 勝率.444

 

千葉ロッテマリーンズ 「マクレ」

f:id:yshinano:20180114004614p:plain

2018年度チームスローガン決定!!『マクレ』|千葉ロッテマリーンズから

 

追い抜くという意味の「捲る」であり「打ちまくる。勝ちまくる」の意味も込められている。「レ」の部分は折れ線グラフを表し、上昇を示す。

 

井口監督になり、ソフトバンクから2人がコーチ就任。

井口監督と鳥越ヘッド兼内野守備・走塁コーチのダイエー組が指揮をとる。

 

2017年のスローガンは「翔破 ~限界を超えろ!~」でした。

2017年成績:54勝87敗2分 勝率.383

 

おわり

ソフトバンクファンの自分ですが今年のスローガン「もう1頂」はちょっと微妙な・・・。これもまた段々馴染んできて良いってなるのかな。2014年の「俺がやる。」が好きすぎてまたこういう系が良いな〜なんて。

松田選手は変わらずホームランを打っても「熱男〜」と言うんでしょうけど去年のように1本目のHRの時だけはスローガンを叫ぶんでしょうか。それだと「もういっちょ〜」になってしまいますが。。。

あと2連覇を意識して去年のスローガンを引っ張っると連覇できない。縁起が悪いってなって全然違うのが来るかなと思っていたんですが去年の「1ダホー」の「1」を引っ張ってきましたね。2014年「俺がやる。」2015年が「熱男」で日本一連覇して翌年「熱男2016」にしたら最後の最後にやられて優勝できなかったみたいなのがあったので。

こういうのが1回でもあると気になってしまう性格なので。

 

まだ全球団発表されていませんが今のところロッテの「マクレ」が好きです。

今夜7時から「ジョブチューン」にプロ野球選手が!日本ハムの選手がいないのは?

f:id:yshinano:20180113154724p:plain

ジョブチューン 〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!|TBSテレビ

 

今日1月13日(土)夜7時からTBSで「ジョブチューン」で『新年恒例!プロ野球オールスターぶっちゃけ祭!』があります。今日は夜7時からの2時間スペシャルなので注意。

出演者

松山竜平・安部友裕(広島東洋カープ)
岩田 稔(阪神タイガース)
井納翔一・山﨑康晃・濵口遥大(横浜DeNAベイスターズ)
森福允彦・小林誠司(読売ジャイアンツ)
又吉克樹(中日ドラゴンズ)
雄平(東京ヤクルトスワローズ)
甲斐拓也(福岡ソフトバンクホークス)
秋山翔吾(埼玉西武ライオンズ)
銀次(東北楽天ゴールデンイーグルス)
金子千尋(オリックス・バファローズ)
岡田幸文(千葉ロッテマリーンズ)

 

ジョブチューン 〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!|TBSテレビ

 

去年はソフトバンクの選手はいませんでしたが今年は日本ハムの選手がいないようです。スポンサーの関係?スケジュールの都合?

 

テレビ北海道では同じ時間に日本ハムファイターズの特番があるからだろうか。

f:id:yshinano:20180113155745p:plain

TVh テレビ北海道

 

北海道に住んでいない日本ハムファンは少し寂しいですね。

注目

ジョブチューンといえばカメラがちょうど見切れる席に座らされてしまう西武の秋山選手。今年もちゃんと真っ二つになる真ん中に座らされていますね。

 

 

予告映像では真上から秋山選手専用カメラが用意されていたりスタジオカメラ独占で決め顔連発と予告されているので面白いこと間違いなし。

追記

この座席の位置はDeNAの井納投手が決めていたようです。全ての位置を決めたのかは分かりませんが。。。

今季から線引きが難しかった二段モーション解禁。今度はストップモーションがなんて事はないように・・・

f:id:yshinano:20180112003936j:plain

今季からまた二段モーションがOKになったそうですね。二段モーションといえば僕は岩隈投手を想像します。そして去年は西武の菊池投手がこれで苦しみましたね。

「二段モーション」とは

二段モーション(にだんモーション)とは、投球時に足をいったん上げてから下げ、また上げて投球動作を行うことを指す。このとき投球動作中にわずかでも全身が静止すると、公認野球規則5.07(a)(1)~(2)項で規定する正規の投球動作[3]に違反するため、反則投球と判定される。

 

ボーク - Wikipedia

投げる動作を始めたら止まるなよという事です。足を上げてから下げてまた上げるという動作をすると静止するストップモーションになってしまう事が多いので「二段モーション」が日本では禁止された。

理由は国際化ということですがルール自体は「ストップモーション(静止)」が禁止であって「二段モーションが禁止」とはされていませんでした。なので日本が「二段モーションはダメだよ」と言っているだけで二段モーション自体が国際的にダメということではありません。

なのでメジャーの試合なんて見ているとメチャクチャな投げ方をする投手いますよね。あれも別にストップモーションではないのでセーフという事が多いようです。

 

日本人の考え方といいますかルールならとことん真面目にやろうという事でストップモーション禁止=怪しい動きである二段モーションがダメという風になったんだと思います。国際大会で突然ボークを取られるような事になればピンチを作ってしまうかもしれませんし投手のリズムが崩れてしまうかもしれない。なので二段モーション自体を禁止にして安全なゾーンで投げられるようにしたかったのもあるでしょう。

結局審判次第

去年、突然西武の菊池投手が突然反則投球を取られたように審判次第で反則投球と見なされてしまいます。誰かから「あれ二段モーションじゃない?」と指摘されれば意識してフォームを見られ「二段だね」となれば反則投球になってしまう。前の試合ではOKだったのか?前のイニングでは?なんて事になる。1度二段モーションと認定されれば他の審判も厳しい目で見てしまいます。

1番の問題がどこからアウトでどこからセーフなのか明確に決まっていないので審判もちゃんと説明ができないことでした。

二段モーション解禁

二段モーションがOKになったからといってストップモーションがOKになったわけではありません。今度はどこから静止していると判断するのかが難しいでしょうね。二段モーション解禁と同時にそのへんも多少は緩くなるのだろうか。結局はまた審判次第になってしまいますね。

二段モーション中にそれは静止!みたいな去年の第2の菊池投手みたいな事もありえるかもしれない。このへんの線引きは難しいしハッキリと説明もしにくいと思うのでやはり「緩く」するしかないんでしょうね。

 

二段モーションギリギリで気にしながら投げていた投手からすればこれから堂々と二段モーションできるので開花する投手や復活する投手なんてのもいるかもしれませんね。

「申告敬遠」採用

今季から国際化に対応し二段モーションが解禁されましたが同じように「申告敬遠」も採用されます。大リーグで時間短縮の為に取り入れられた申告敬遠ですがあまり効果がなかったようですね。今では見直し論まで出ているようですが・・・。

これがまた大リーグの方で申告敬遠撤廃すれば日本も追いかけるようになくすんですかね。もう少し採用は待っても良かった気もしますし、そもそも申告敬遠なんていらないと思いますが。。。